WordPress ブログ運営

【2021年】WordPressのおすすめプラグイン6選+α(初心者向け)

2020年5月27日

WordPress プラグイン


悩んでいる人
・WordPressでブログ開設したけど初期に必要なプラグインは?
・プラグイン導入するとエラー発生するってほんと?
・たくさん入れすぎるとサイト重たくなる?



こんな悩みを解決します。


今回は、【2021年】WordPressのおすすめプラグイン6選+α(初心者向け)をまとめました。


プラグインはたくさんありすぎて、「なにを導入すればいいいのかわからない」。開設したばかりの時は「どんなプラグインを使っているんだろう」そのような方は多いかと思います。


この記事を読んで頂くと、おすすめのプラグインや導入する注意点などわかり、WordPressの機能を最大限に発揮し効率よくブログ運営することができます。

本記事の内容

・WordPressプラグインとは
・初心者必見!WordPressおすすめプラグイン6選
・あると便利なWordPressおすすめプラグイン2選
・プラグインでWordPressの機能をパワーアップしよう



本記事の信頼性

ぼんちゃす
本記事で紹介しているツールは全て、当ブログを運営している僕自身が利用経験のあるツールから厳選しています。ぼんちゃす(@BooPapi7


先に、おすすめのプラグイン6だけご紹介しておくと、下記になります。

必須プラグイン6選


  1. Akismet(コメントスパム対策)
  2. Google XML Sitemaps(検索エンジンに知らせるサイトマップ)
  3. PS Auto Sitemap(訪問者向けのサイトマップ)
  4. All in One SEO Pack(SEO関連の各種設定)
  5. Broken Link Checker(リンク切れチェック)
  6. Contact Form 7(問い合わせフォーム)

 


初心者でも簡単に導入できて、ブログ運営するにあたっておすすめのプラグインなのでぜひ参考にしてください。


当ブログおすすめのWordPressテーマは下記の記事からご覧いただけます。
最初に良いテーマを選んでおくと、SEO対策が容易になったり、プラグインを減らせるメリットがあります。

WordPressプラグインとは

plugin


そもそも「プラグイン」ってなに?、どんなものなのかこちらで簡単に解説していきます。


結論、プラグインとはWordPressを機能を拡張するためものです。


WordPressは誰でも使えるようシンプルに設計されているので、初期状態ではほとんど機能がありません。


WordPressプラグイン導入する目的


プラグインはWordPressの機能を最大限に活かせる機能であり、目的によって導入するプラグインが異なります。


プラグインの種類

・文章系
・分析系
・デザイン系
・SEO対策系
・セキュリティ対策系




大きく分けて以下のジャンルのプラグインがあり、ほとんどが無料なので自分のサイトに合うものを選ぶと良いです。

プラグイン導入するときの注意点


ここまで聞くと、WordPressを拡張するためにプラグインを入れれば入れるほど機能が充実して良くなると思われがちです。


しかし、注意点があります。

導入前の注意点

・プラグインを入れすぎない(15本以下で十分)
・ひとつずつインストール→有効化すること
・セキュリティや安全面を確認すること



実はWordPressにも容量があるといわれていてプラグインを入れすぎると、「表示速度が遅くなる」ケースがあります。なのでできるだけ必要最低限のプラグインを導入しましょう。


次に、ひとつずつインストールして有効化する理由は「プラグイン同士で干渉してしまい、サイトにバグ等の悪影響を与えることがある」為です。


一度に多く入れてしまうとAのプラグインと相性が悪いのはBなのか、Cなのか、Dなのか、わからなくなるので、原因が特定することができなくなってしまいます。

最後のセキュリティ面では、言うまでもなくオープンソースなので誰でもプラグインを作ることができるので悪質な可能性もあります。対策としては多数インストールされてるもので、評価も高く、多くバージョンが更新されてあるものだと安心です。

プラグインをインストールして有効化する3つの手順


ここまで、プラグインの重要性についてお話ししてきました。


続いて、プラグインのインストールから有効化の手順を解説します。


主な手順は3つだけです。

有効化する3つの手順

手順①:新規追加からインストール
手順②:インストールしたら有効化する
手順③:停止ボタンでストップできる



WordPressのメニュー「プラグイン」→「新規追加」の欄から導入したいプラグインを検索し、インストールしたら有効化にして完了です。


停止したい場合は「停止」ボタンを押すと止まります。また定期的に有効化してあるプラグインはバージョンアップするので都度「更新」ボタンを押しましょう。
※必ず更新内容を確認したあとに、更新するようにしてください。

初心者必見!WordPressおすすめプラグイン6選

おすすめplugin


それでは、早速おすすめのプラグインをご紹介していきます。


先に6つご紹介すると次になります。

必須プラグイン6選


  1. Akismet(コメントスパム対策)
  2. Google XML Sitemaps(検索エンジンに知らせるサイトマップ)
  3. PS Auto Sitemap(訪問者向けのサイトマップ)
  4. All in One SEO Pack(SEO関連の各種設定)
  5. Broken Link Checker(リンク切れチェック)
  6. Contact Form 7(問い合わせフォーム)

 


それでは、ひとつずつ解説していきます。

Akismet(コメントスパム対策)

Akismet


WordPressをインストールした時に、初期状態でインストールされているプラグインです。


こちらは、コメントのスパム対策ができるプラグインで全てのスパムコメントを排除してくれます。


しかし、最初は無効の状態なので最初に「有効化」にしておきましょう。


≫≫Akismetを導入する

Google XML Sitemaps(検索エンジンに知らせるサイトマップ)

google XML Sitemaps


Googleにサイトマップを作成するプラグインです。


サイトマップとは、サイトの設計書みたいなものでGoogleにサイト構造を理解してもらうために送信します。


Google XML Sitemapsは新しく記事を投稿すると、自動的にサイトマップを更新してくれる便利なプラグインです。なので、記事を投稿する度にサーチコンソールに登録しているサイトマップも最新の状態となります。


≫≫Google XML Sitemapsを導入する


サイトマップは「Google向け」「訪問者向け」2つ必要です。次に「訪問者向け」のサイトマップを紹介します。

PS Auto Sitemap(訪問者向けのサイトマップ)

PS Auto Sitemap

訪問者のためのサイトマップが作れるプラグインです。


このプラグインを利用することでHTMLサイトマップが表示されユーザーが記事を見つけ易くなります。


そうすることで、ユーザーの利便性が向上し、離脱率の改善が期待できます。


≫≫PS Auto Sitemapを導入する

All in One SEO PackSEO関連の各種設定)

All in One SEO Pack

SEO対策とても強いプラグインです。

無料テーマの場合は必須のプラグインでSEO関連の各種設定を行ってくれます。各記事のタイトルやメタタグ、メタディスクリプションの設定することができます。

SEOに強い有料テーマの「AFFINGER」や「JIN」「SANGO」などは不要です。

≫≫All in One SEO Packを導入する


Broken Link Checker(リンク切れチェック)

Broken Link Checker


サイト内でリンク切れが発生した時にお知らせしてくれるプラグインです。


ブログの記事数が増えてくると、リンクを1本ずつチェックするのはけっこう厳しいので、かなり助かります。


リンクだけでなく無くなってしまった画像も同様にお知らせしてくれます。有効化したら、通知用のメールアドレスを設定しましょう。


≫≫Broken Link Checkerを導入する

Contact Form 7(問い合わせフォーム)

Contact Form 7


自分のサイトにお問い合わせフォームを設置できるプラグインです。


Google AdSenseの審査通過するためにも必要といわれている「お問い合わせフォーム」で、これをつくることでスムーズに外部の方とやりとりができます。


さらに、このプラグインはスパムメールに対しても対策されているので安心して利用することができます。


≫Contact Form 7を導入する

あると便利なWordPressおすすめプラグイン2選

plugin2


ここからは上記の必須プラグインと合わせて利用することで作業効率がUPするプラグインをご紹介していきます。

Duplicate Post(ページの複製)

Duplicate Post


記事の複製ができるプラグインです。


記事構成が同じパターンの記事を横展開で作成する場合は、複製することでとても短時間で記事を書くことができます。


僕はいつもこれを利用しながら1記事3時間前後で書いています。(3000〜4000字)


≫≫Duplicate Postを導入する

Aurora Heatmap(ヒートマップ)

Aurora Heatmap


記事内のどの箇所がクリックされているかわかるプラグインです。


これを利用することでABテストが容易にできます。


例えば、CTAの箇所や色、デザイン、文言など様々なABテストができるます。その結果、より効果が高いCTAを設置でき効率良く収益化することができます。


≫≫Aurora Heatmapを導入する

まとめ:プラグインでWordPressの機能をパワーアップしよう

まとめ plugin

今回の記事では【2021年】WordPressのおすすめプラグイン6選+α(初心者向け)を解説しました。最後にまとめを記載します。


まとめ

・WordPressプラグインとは
・初心者必見!WordPressおすすめプラグイン6選
・あると便利なWordPressおすすめプラグイン2選



必須プラグイン6選


  1. Akismet(コメントスパム対策)
  2. Google XML Sitemaps(検索エンジンに知らせるサイトマップ)
  3. PS Auto Sitemap(訪問者向けのサイトマップ)
  4. All in One SEO Pack(SEO関連の各種設定)
  5. Broken Link Checker(リンク切れチェック)
  6. Contact Form 7(問い合わせフォーム)

 

便利なプラグイン2選


  1. Duplicate Post(ページの複製)
  2. Aurora Heatmap(ヒートマップ)

今回紹介したツールは僕が実際に利用してみて、本当におすすめできるツールです。


これらのツールを活用すると今よりも作業が短縮し快適になります。


まだブログ開設していない方は【初心者でも簡単】WordPressブログの始め方を解説!誰でも10分でクイックスタートできる!を参考にして開設してみてください。


この機会に良いなと思ったものは導入してみてください。

関連記事【2021年】ブログ初心者におすすめのアフィリエイトASP厳選10社

関連記事WordPressのおすすめテーマ7選【無料あり・SEO対策済】

-WordPress, ブログ運営
-,

© 2021 ぼんちゃす 副業Blog